« 関門橋花火大会 | トップページ | 平尾台のススキを求めて »

2017年9月 3日 (日)

お茶会に誘われて

自己主張が強くなった昨今、和の心が懐かしく思い始めていたこの頃、登山仲間からお茶会の誘いが有り参加した。
その日来ていた職場のメンバーと久々に再会出来、楽しかった。
会場には多くの人が詰め掛けていて、人の多さに驚かされた。
幸運にも、隣に座った茶会メンバーの角本さんが、前に飾られた茶道具の説明をしてくれた。
菓子を食べ、お茶を飲むだけのことなのだが、ピリピリした作法がそのことを上回り、茶道が成り立っているようだ。
平和な日本があるから悠長に精神世界を味わうことが出来るのだと少し軽んじた思いになったが、反面、戦乱の世に現れた千利休が築いた茶道の神髄は、平和とはかけ離れた中での精神世界だったに違いないと先程の考えを反省した。
機会が有れば、また参加したいと思う。

« 関門橋花火大会 | トップページ | 平尾台のススキを求めて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関門橋花火大会 | トップページ | 平尾台のススキを求めて »